EVENTS

『複業フェロー』活躍プロジェクト キックオフイベント

日時2022年7月28日(木)18:30~

場所オンライン(Zoom)

※このイベントは転載情報となります。詳細はこちらでご確認ください。

宮津市の地域創生”担い手“創出プログラム
<『複業フェロー』活躍プロジェクト>とは

京都府宮津市は、京都府北部に位置する、海・里・山の自然豊かなまちです。日本三景「天橋立」に代表される風光明媚な景観や歴史・文化は、たくさんの人々を魅了し続け、国内外の多くの人が訪れる観光都市です。

 宮津市では、地域・社会課題の解決や地域事業者の経営課題への取組を支援する目的で、昨年(2021年)「副業・兼業人材活躍プログラム」を実施しました。本業とは異なる環境での学びの機会や地方創生・公民共創などの体験を求める都市部ビジネス人材に、地域が取り組むべき(取り組みたい)テーマを提示し、副業形式でスキルや経験を活かして課題解決をお手伝いいただくプロジェクトです。

 幸い予想を超える470名の都市部ビジネス人材の皆さんに応募をいただきました。

 厳正な選考を通過した7名の皆さんに「未来戦略マネージャー」を委嘱し、7名の皆さんには現在も“副業”でプロジェクトに取り組んでいただいています。
(2021年プロジェクトの概要は、https://www.miyazu-mirai.jp/2021/ をご覧ください。)

 上記プロジェクトの運営母体であるMIYAZU未来デザインセンター(宮津市・宮津商工会議所・京都北都信用金庫を構成メンバーとするプロジェクトの推進組織)では、今夏第二期のプロジェクトをスタートさせる予定です。

 第二期の『複業フェロー』活躍プロジェクトでは、地域・社会課題の解決や地域事業者の課題解決支援という目的に加えて、都市部ビジネス人材の皆さんに、越境学習によるイノベーション体験と自身のスキルの再発見やキャリア開発の機会を提供したいと企画しています。また、地域・社会課題をテーマとしたスタートアップや地域での起業などに興味のある皆さんには、アイデアやヒントを産み出す「場」への参画と先輩起業家との交流を通して地域創生のリアルを体感していただくと同時に、地域での活躍を志す“仲間”を増やしていくプロジェクトを目指します。

 当センターでは本プロジェクト参加者のみなさんとの協働を通じて、地域に萌芽状態である<未来>の種子を、十分に気づかれていないつながりや仕組みを育てることによって開花させていきたいと考えています。

キックオフイベント:オンライン事業説明会

開催日時
2022年7月28日(木)18:30~

対象
2022年9月時点で在職中の方(プロボノや副業として、本プロジェクトに参加可能な方)

実施方法
オンライン開催。PCまたはスマートフォンをご用意ください。
※オンラインビデオツールはZOOMを使用する予定です。
(開催日前日までにMIYAZU未来デザインセンター運営事務局から参加方法の詳細とイベント参加用のZOOMURLをメールでお送りします。)

参加費用
無料 ※インターネット接続のための通信料金等は参加者負担となります。

内容
当日のプログラム

① 基調講演:一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 代表理事 平田 麻莉氏(予定)
② パネルディスカッション:パネリスト(参加予定)/
・京都北都信用金庫地域創生事業担当役員
・海の京都DMOゼネラルマネージャー
・福知山公立大学地域経営学部教員
・宮津市で地域・社会課題解決に取り組む若手起業家
・宮津市の副業未来戦略マネージャー
・宮津市企画財政部
③ 「地域創生“担い手”創出」プログラム及び複業フェロー制度の説明/MIYAZU未来デザインセンター(宮津市)
④ 事業スケジュール及び『複業フェロー』応募方法のご案内/MIYAZU未来デザインセンター運営事務局

【お申し込み】
こちらからお申し込みください。

※開催日前日までにMIYAZU未来デザインセンター運営事務局から参加方法の詳細とイベント参加用のZOOMURLをメールでお送りします。