京都府公式移住・定住情報サイト 今日と明日 KYOTO LOCAL LIFE

”京都”ってよそ者に冷たいってホント!?~移住者と地域の人に聞く!移住のリアル~

神保町ブックセンター 1F(イベントスペース)

申し込みはこちら

「地方に移住してみたいけど、地域の人たちとうまくなじめるかな…?」
そう心配に思う方は多く、相談窓口でもよく聞かれる質問です。それに加えて、テレビ番組などから、「”京都人”は、外から来た人に冷たい」という話を聞いて、更に心配になっている方も少なくないのが実際かなと思っています。

「いろいろ話は聞くけれど、実際移住した方はどう思っているんだろう?」そう思っている方に、是非参加してほしいセミナーを企画しました。実際に移住した方が、どんな感じで地域に馴染んでいっているのか。移住者側と、地域の受け入れ側。どっちの話も聞いてみましょう!

“京都の人”って冷たいの?それとも、あったかいの?リアルなところを直接聞いて知っていくセミナーです。

≪イベント概要≫

日時  2023年2月25日(土) 13:00~15:00(会場利用は16:00までOK)
会場  神保町ブックセンター1F イベントスペース
定員  20名程度
申し込み こちらからお申込みください。

≪イベントの内容≫
①イントロ
 意外と知らない京都府について紹介します。
②ゲストトーク
 移住者と、地域の受け入れ側の方から、お話を聞いていきます。 今回参加してくれるのは、2組のゲスト。移住するまでの地域との関り方や、移住後の今の関り方などについて話していただきます。
③個別相談会/フリートーク
 ゲストが移住された舞鶴市と京丹波町について、もっと詳しく話を聞くことができる個別相談会を用意しています。その地域の詳しい話を聞く機会はなかなかないので、是非活用してみてください!
 ※個別相談やフリートークを満喫したい方は16:00終了を想定してください。
 ※個別相談してみたい方は、申し込み時にその旨記入ください。(人数によっては当日参加も可能です♪)

≪ゲスト紹介①チーム舞鶴

移住者:岩橋 昌史さん

埼玉県で柔道整復師として接骨院を開業していたが、2021年の秋から、「大好きな海が近いところに移住したい」と思い、本格的に移住について考え始めた。
ふるさと回帰支援センターで紹介された舞鶴市で家を探すも、なかなかスムーズにはいかなかったが、大浦地域の方々に相談する中で地域の協力が広がり、空き家を紹介してもらうことができた。
2022年4月に移住。今は本業として医療介護施設でリハビリを担当しながら、地域の子育て世代のメンバーと”皮まで安心して食べられるレモン””子どもに引き継げる地域農業”を目標に、大浦パパレモンの活動をするなど、舞鶴生活を満喫している。

地域の受け入れ側:大浦パパレモン 代表 森 剛さん(オンライン参加)

舞鶴市の海沿いの大浦地域にある赤野地区で子ども2人を育てながら、「元気もりもり農園」を経営。専業農家として、万願寺甘とうやいちご、トマト、米などをこだわりの有機肥料で生産している。
子育て世代が減っていく地域の現状を何とかしたいと、岩橋さんの移住希望を受けて地域で奔走。空き家を掘り起こして受け入れにつなげた。
2022年度からはレモン生産グループ「大浦パパレモン」を立ち上げ、メンバーやサポーターとともに耕作放棄地や放置竹林を活用した地域農業に取り組む。

舞鶴市ってどんなところ…

本州のほぼ中央部、日本海が最も深く湾入したところに位置している舞鶴市。西の城下町、東の港の町と二面性を持つ舞鶴市では、「農業」「漁師」「起業」「会社員」など様々なライフスタイルを持つ生活をしています。
今回、岩橋さんが移住した地区”大浦”は、舞鶴湾から若狭湾にいたる半島で、山間に広がる農村と、海に接する漁村が存在する多様な暮らしがあります。インスタのフォロワーが20万人のまりげさんが移住されるなど、新しい風が吹いている地域。牡蠣の養殖や大浦みかんが有名!
移住定住ポータルサイト「舞鶴 MY LIFE 海近移住」→ https://www.maizuru-iju.com/

赤レンガ倉庫は舞鶴の身近な建築物
五老ヶ岳からの眺めは絶景!
自衛隊の基地もあるので、艦船も!
舞鶴には移住者もたくさん♪
赤レンガ倉庫の中は、まさかのコワーキングスペース


ゲスト紹介②チーム京丹波町

移住者: 小川 佳訓さん(オンライン参加)

京都市下京区出身。滋賀県高島市でのケーキ作りの仕事を経て、障害者の自立支援の仕事に従事。自身が小規模学校で育った経験から「先生と子どもたちの距離が近い」子育て環境を重視して移住先を検討。全国で探す中、竹野活性化委員会のメンバーと出会い、竹野地区の人のあたたかさや、地域から見守られている竹野小学校に魅了され、令和3年度に兵庫県尼崎市から移住。
自然豊かな環境の中で、優しく・強く育っていくお子さんの成長を楽しみつつも、地域や小学校のためにも尽力されている。最近では、得意な創作のスキルを活かした手作り紙芝居の読み聞かせが大人気。また地域で計画中の絵本作りも担当されるなど、活躍の場を広げられている。

地域の受け入れ側:竹野活性化委員会 金延英樹さん

京都市左京区出身。1997年、長男が幼稚園に入学する前に自然豊かな環境で子育てができ、同市内に行き来できる竹野地域に引っ越しした。
2013年竹野活性化委員会が設立され事務局長に就任。先人の皆さんが育んでこられた地域づくりを礎にして、「とりあえずやろかいな」を合い言葉に地域とともに歩む竹野小学校を中心に、学校と地域合同の運動会や、地域住民が憩うサロンを開催。「集まる場づくり」を地域の活性化を熱い仲間と共に実践している。
2016年から本格的に空き家対策、移住の取組を始める。

京丹波町ってどんなところ…
人口の7割が町内で働いており、「移住×起業」の取り組みに力を入れている京丹波町。農業や林業などの地域資源を活かした起業や新規就農、京都丹波ブランドの食を活かした6次産業化などをご検討中の方はぜひ訪れていただきたいエリアです! 京都市や海の京都へも車で約1時間という立地にあるのも京丹波町の特徴です。
京丹波町移住定住ページ→https://www.town.kyotamba.kyoto.jp/iju/index.html
↓以前作成した、竹野小学校を中心とした竹野地区の動画です。雰囲気も伝わるといいなと思います。

由良川でカヌー体験♪
幻想的な雲海も。
質美八幡宮曳山行事
観光名所の琴滝
河岸段丘からの眺めは最高です!


≪個別相談もやります!≫
今回はコーヒーを飲みながら、ほっこり相談♪

せっかく会場に来て、移住にまつわる色んな話を聞いたなら、その地域での自分たちの移住の可能性、聞いてみたくないですか?

『個別相談』というと、
・しっかり自分の移住についての考えがまとまっていないとダメなんじゃない?
・相談するほどのレベルまで、まだ考えきれてないから…
と言われてるケースが、結構あります。移住相談員の立場からすると、そういう人たちだからこそ、もう一歩具体的に自分たちの移住について進んで欲しい。個別の移住相談をしてみて欲しい。と思っています。

今回のイベントでは、個別相談を希望される方には、おいしいコーヒーをプレゼントします♪固い感じではなく、普通の会話の延長戦で話をしてもらえればと思っています。是非、気軽にどうぞ♪

今回は、京都府北部の海に面したほどほど都会でほどほど田舎の舞鶴市と、京都市まで通勤可能なのに、のどかな田園風景が特徴な京丹波町での相談ができます。是非話を聞いてみましょう!

※個別相談やフリートークを満喫したい方は16:00終了を想定してください。
※個別相談してみたい方は、申し込み時にその旨記入ください。(人数によっては当日参加も可能です♪)

主催 京都府移住センター
協 力 舞鶴市、京丹波町
企画・運営:京都府移住センター(京都移住コンシェルジュ)

【問い合わせ】
京都移住コンシェルジュ東京相談窓口 担当:榎本
E-Mail:[email protected] 
京都府での暮らしや仕事についてなどの相談もお待ちしています。

イベント概要 Infomation

イベント名
”京都”ってよそ者に冷たいってホント!?~移住者と地域の人に聞く!移住のリアル~
日時
場所
神保町ブックセンター 1F(イベントスペース)

申し込みはこちら

関連イベント Related event

一覧を見る