京都府公式移住・定住情報サイト 今日と明日 KYOTO LOCAL LIFE

つながる京都 移住・交流フェア2024

京都経済センター2階 京都産業会館ホール北・中
住所:京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地

申し込みはこちら




1.個別移住相談 10:00~16:00   

\ 支援機関等のコーナー /
 一般企業での就職から農業・林業・漁業、地域の取組紹介まで、幅広くご案内します!
≫出展団体
京都ジョブパーク(就職相談)
北京都ジョブパーク(就職相談)
農林水産業ジョブカフェ(就農相談)
 ※混雑している場合は、1組15分〜30分程度のご相談に制限させていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

2.移住トークセミナー “地域で暮らすわたしSTORY” 13:00~  

今回の移住トークセミナーのテーマは“地域と関わる”
移住者さんがどうやって地域の方と仲良くなったのか、どんな関わり方をしているのか…
先輩移住者2組がそれぞれの『わたしSTORY』をお話します。

13:00~ 子育て×カフェד移住戦隊”のわたし編

〔亀岡市〕 comenaka haus(コメナカハウス) 中本 遥香(なかもと はるか)さん

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: abaa5a614a7171e518824e5b9ce42dd8.jpeg

2020年に大阪府から亀岡市畑野町へ移住、昨年2023年7月にオーガニックカフェレストラン「comenaka haus」をオープン。空き家をご自身で改修したおしゃれな店内では、飲食店での修行経験がある遥香さんが作る、自家製発酵調味料を使ったこだわりのコース料理や、お味噌を使った濃厚なダルカレーをいただくことができる。夫の集さんはハンドパン奏者としても活躍中!循環をテーマに「食と音楽が織りなす場所作り」をされている。
現在はご夫婦と2歳のお子さん、ワンちゃんとともに畑野ライフを満喫中。
▷comenaka hausのInstagram

14:00~ 農業×農家民宿דちいたに”のわたし編

〔綾部市〕 農家民宿𫝆や 𫝆久保 達次(いまくぼ たつじ)さん・のぞみさん

達次さんは奈良県出身、のぞみさんは大阪府出身。2020年春に大阪府堺市から綾部市志賀郷地区に移住し、2022年にご夫婦で農家民宿「𫝆や」を開業。グラフィックデザインやWEBデザインの仕事もしながら、「自分で食べる分は自分で」という想いから米と野菜作りにもチャレンジ。ご夫婦と新社会人の娘さん、高校生の娘さん、看板犬のテンちゃんとともに半農半Xの暮らしを実践中。
▷農家民宿𫝆やのHPInstagram
▷𫝆久保さんファミリーにお話を伺ったインタビュー記事はこちらから

3.みんなと話そう!つながる広場  

京都府内で移住・定住促進に取り組まれている地域団体のみなさんが大集合!
地域で暮らす移住者さん地元の方とお話してみましょう。
プチマルシェワークショップも開催予定!

≫出展団体
 京丹後市:島津連合区(網野町島津地区)
 綾 部 市:小さな谷の小さな暮らし(志賀郷ゴキゲン化計画)
 南 丹 市:なんたんMARKET(南丹市八木町新庄地区)

 京 都 市:株式会社ヤタガラスプロジェクツ
 山  城:山城移住呼びかけ人のみなさん

\ 出展団体の皆さんをご紹介 /

・京丹後市:島津連合区・

京都府北部、日本海に面する京丹後市の海側にある網野町の東部に位置し、気持ちの良い海陸風が通り抜け、四季それぞれの良さを感じられる、人口約1,100人の地区。
小学校と保育所が地区内にあるだけでなく、子育て支援団体がおしゃべり会を開催したり、自治会建物を小中学生へ放課後開放するなど、子育て世代にもやさしいエリアとなっている。R3年度に「しましまベース」という住民組織が生まれ、R4年度には「しましまベース」の有志数人が出資して、民間企業レベルで支援を行う事業会社を立ち上げるなど、自治会と住民組織と事業会社が連携して取り組んでいる。
▷島津連合区Webサイト「しましま」

・綾部市:小さな谷の小さな暮らし・

基本は年間申込。移住を考える人も気軽にお試し体験参加できる、1回のみ単発参加者も随時募集中。

のどかな里山、古民家の田園風景が広がる綾部・志賀郷。2004年より10年間、地元有志で移住促進活動に取り組んだ結果、若い移住家族が増加。しかし現在では少しずつ子供は減り、成長した移住者の子どもの一部は村を出ていくように。そんな中、移住者有志で立ち上げたのが、“自然と共に家族で協力して暮らす魅力”を地域内外の家族と共に1年間体験するワークショップ『小さな谷の小さな暮らし』。素敵な小さな谷の“藤谷”で、水路や獣害フェンスを維持しながら田畑をし、野草や山菜を摘み、川で遊び木や竹を伐り活用し、麹やみそ・シイタケもつくる。この「消えつつあるけどごく普通であった、何とも素敵で贅沢な暮らし」から、地元の子にも都会の家族にもここで力を合わせて共に生きる魅力を感じてもらい、将来を考える一助にしてもらえればとの想いから続けている。
▷小さな谷の小さな暮らしのHP
▷ YouTube動画もチェック!

・南丹市:なんたんMARKET・

「なんたんMARKET」は、廃校となった旧南丹市立新庄小学校で地域の活性化センターとして運営されている「新庄郷育館」の今後の利活用を考えるために様々な企画を行う団体
八百屋369商店が借りている家庭科室にて、 毎週土曜日のランチを中心に、小さなマーケットに地域内外の人達が集る場をつくり、活性化の可能性を探っている。
▷なんたんMARKETのInstagram

・京都市:株式会社ヤタガラスプロジェクツ 他・

株式会社ヤタガラスプロジェクツ
京都市移住サポートセンターの運営を行っており、定住だけでなく二拠点居住や関係人口など京都との関わりを深くしたい人々のサポートをしている。また、2020年に新しい地方移住のあり方や働き方の発信を掲げ、最新の移住トレンドを発信する「複住スタイル」の創刊にも携わっている。
▷京都市移住ポータルサイト「住むなら京都」

京都市北部山間かがやき隊員
京都市街地から北へ車で1時間ほどの場所に、花や緑、蛍が舞う清流、北山杉の山林や田畑などの美しい自然に恵まれた里山があり、里山ならではの文化や伝統が受け継がれた静かな暮らしが営まれている。「北部山間かがやき隊員」は、これらの里山地域に移住し、地域おこし活動地域の魅力発信、移住促進等に取り組んでいる。
▷北部山間かがやき隊員についてはこちらもチェック!

笠置町・和束町・南山城村:山城移住呼びかけ人のみなさん・

宇治茶の産地として山間に茶畑が広がる京都府南部の山城地域。その中でも、川や山、美しい茶畑などの自然豊かな「笠置町・和束町・南山城村」
そんな3町村への移住者で、移住希望者や新規移住者からの相談にアドバイスができる方を京都府では「移住呼びかけ人」として認定しており、年代も職業も経歴も様々な「移住呼びかけ人」の方々が京都府や町村と連携して、移住者ならではの目線や立場から、移住に関する相談対応各地域を紹介している。
▷移住ポータルサイト京都府南部・やましろで暮らす

4.府内周遊!つながるシールラリー  

本会場の市町村個別相談ブースで「丹後」「中丹」「南丹・京都市」「山城」の4つのエリアのシールを集めた方には、先着50名様に特製トートバッグをプレゼント!
4エリアの個別相談ブースでお話を聞いて、めざせ府内ぐるっと周遊!
※シールラリー台紙は、当日受付で配布します

★さらに、アンケートに回答してくださった方には、「京都府広報監まゆまろグッズ」をプレゼント!
★さらにさらに、10歳以下のお子様には特別なプレゼントをご用意しています!
※いずれも無くなり次第終了となります
※画像はイメージです


◎宮津市◎

海と山に囲まれた宮津市は、日本海に面し、日本三景天橋立をはじめとする海岸線や大江山連峰の雄大な山並みが広がる魅力あふれる地域です。豊かな自然の中で、のびのび安心して子育てができる環境が整っています。
宮津市移住・定住ポータルサイト「宮津に暮らす」 →
https://www.city.miyazu.kyoto.jp/site/ijuteiju/


◎京丹後市◎

京都市から車で2時間半、京都府のはしっこに位置する京丹後市。海も山もある地域だからこその豊かな自然環境や食、厳しい冬があるからこその冬を生き抜く昔ながらの生活の知恵が今も息づき、人の繋がりが強い地域で暮らしたい!というおもろい人達の移住が今、増えています!
京丹後市移住支援サイト →
https://www.city.kyotango.lg.jp/ijushien/index.html


◎伊根町◎

海と山が交わり生み出される豊かな幸、自然と調和した景観、有形・無形の文化財など多くの資源がそのまま残された魅力ある町です。伊根町に住む人、訪れる人、関わる人のみんなで「ええまち」を創ることを目標とし、人情豊かで人と人とのつながりが深く、地域で支え合う環境が整っています。
伊根町HP:https://www.town.ine.kyoto.jp/iju/index.html


◎与謝野町◎

大江山連峰をはじめとする山並みに抱かれ、野田川流域には肥沃な平野が広がり、天橋立を望む阿蘇海へと続く小さなまち「与謝野町」。四季の豊かな彩りをありのままに実感できる魅力あふれる町です。
与謝野町HP →
https://www.town.yosano.lg.jp/


◎福知山市◎

京都府の北西部に位置する「明智光秀が築いた城下町」福知山市は、中心部では充実した都市基盤、郊外では自然環境の豊かな田園風景と、意外なステキに出会える街です。気になった人は今すぐウェブサイトにアクセス!
福知山市移住情報サイト「fukufukuLife」→
https://www.welcomeiju.city.fukuchiyama.lg.jp


◎舞鶴市◎

「城下町」「海軍ゆかりの町」「海と山に囲まれた大自然が隣接する町」といろいろな顔をもち、
便利で心豊かな田舎暮らしのできる舞鶴市は公的病院、子育て施設など医療と子育て環境が充実したまちです。
京都府舞鶴市 移住定住ポータルサイト「MY Life」→
https://www.maizuru-iju.com/


◎綾部市◎

京都府のほぼ中央に位置し、京阪神と日本海側をつなぐ交通の要衝。由良川の清流と美しい田園風景や魅力あふれる里山に恵まれ、多彩な産業が集積するものづくりのまちとして快適性と利便性とを併せ持つ田園都市です。
綾部市移住情報サイト「移住立国あやべ」→
https://ijurikkoku.com/


◎亀岡市◎

京都駅から電車でわずか20分の亀岡市は、昔ながらの農村の佇まいも残す、まさに「トカイナカ」。サラリーマンから就農・起業まで、仕事の選択肢が広い一方、自然豊かな環境での子育てやプライベートの充実も!
亀岡市HP →
https://www.city.kameoka.kyoto.jp/site/iju/


◎南丹市◎

「日本一の田舎をめざす美山エリア、ちょうどいい田舎の日吉エリア、都市近郊の利便性を持つ園部・八木エリアなど、さまざまな顔を持つ南丹市。京都市や大阪市から程よい距離にあり、市民のまちづくり活動が盛んです。
南丹市定住促進サイト「なんくら」→
http://www.nancla.jp/


◎京丹波町◎

農山村でありながら京阪神の都市圏へ交通アクセスが良く1時間台で移動可能。丹波ブランド食材が豊富にあり、地域資源を活かせる就農・起業環境、豊かな心身を育む教育・子育て環境があります。
京丹波町HP →
ホーム/京丹波町 (town.kyotamba.kyoto.jp)


◎京都市◎

観光地としての京都市は知っている。では「住むまち」としての京都市は?「観光」と「住む」では違う京都市の魅力をぜひ覗きに来ませんか?「鴨川沿いのまちなかと自然との調和がとれた環境に住みたい」、「いつでも気軽に神社仏閣巡り」、「奥京都で豊かな自然と文化、温かい地域コミュニティに囲まれてスローライフ」、「カフェやコワーキングを拠点に人と知が集積する中でのクリエイティブなワークスタイル」などなど。あなたの御希望に合わせて、京都市の中でもどの地域がお勧めなのかお伝えします!
京都市移住
ポータルサイト「住むなら京都」→ https://www.sumunaramiyako.city.kyoto.lg.jp/


◎木津川市◎

京都・大阪への交通アクセスが約1時間。いにしえの都を有する木津川市。恭仁京の史跡とともに地域の住民が本気で楽しむ暮らしを体験してみませんか。
木津川市空き家バンク →
https://kizugawa-c26214.akiya-athome.jp


◎井手町◎

京都と奈良という二つの古都の中ほどに位置し、都市近郊にありながらふるさとの情景を色濃く残す井手町。春には平成の名水百選に選ばれた玉川の堤に約1.5キロにわたる桜並木が姿を現し、桜の見頃が過ぎた頃には、橘諸兄ゆかりの山吹が玉川の堤を黄金色に彩ります。初夏にはホタルが飛び交うなど、四季を間近に感じながら暮らすことができるのも井手町の大きな魅力です。また、18歳までの医療費や第3子以降の保育料、小中学校の給食費の無償化など子育て支援も充実しています。
井手町公式プロモーションサイト「あなたと井手町のいいであい」→https://www.town.ide.kyoto.jp/iju/index.html


◎宇治田原町◎

都会と自然の暮らしがすぐそばにある、いいとこどりの田舎町。ゆったりと時が流れ、気さくでおおらかな人たちがお出迎え。人と自然の魅力にあふれた京都の田舎暮らしを「移住サイトうじたわらいく」で疑似体験してみてください。移住パンフは こちら
京都・宇治田原町移住サイト「うじたわらいく」→
https://www.ujitawalike.com/


◎笠置町

笠置町は、大阪・京都から電車で1時間半でアクセスできる場所にあります。古くからの歴史と四季折々の自然を全身で感じることができ、キャンプやカヌー、ボルダリングなど、アクティビティが盛んな自然豊かな町です。
笠置町HP → https://www.town.kasagi.lg.jp/


和束町

府内最大の茶産地です。お茶づくりの伝統を大切に守って来た人々やその暮らし、高品質なお茶、そして美しい茶畑景観は桃源郷ならぬ「茶源郷」として訪れた皆さまの心を癒してくれると思います。是非一度「茶源郷和束」にお越しください。
和束町HP →
http://www.town.wazuka.kyoto.jp/


◎南山城村◎

宇治茶の産地、南山城村は、滋賀・奈良・三重の県境にあって、大阪・京都からは、車か電車で90分ほどと、都会に近くふらりと行ける田舎です。近年、多種多様ななりわいを持つ移住者が増加中の京都府唯一の村を、一度訪れてみませんか。
南山城村HP →
https://www.vill.minamiyamashiro.lg.jp/

(主催)京都府・京都府移住センター
(問い合わせ先)京都府移住センター
        e-mail:[email protected]
        Tel:075‐441-6624

イベント概要 Infomation

イベント名
つながる京都 移住・交流フェア2024
日時
場所
京都経済センター2階 京都産業会館ホール北・中
住所:京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地

申し込みはこちら

関連イベント Related event

一覧を見る